2016年6月28日火曜日

BTS駅近★日本人OKの翡翠の仏像が守る納骨堂

★ワット・タムモンコン(Wat Dhammamongkol)の納骨堂



BTSプンナウィティ駅からモーターサイで3分、15バーツで行けます。

まずは3階に上り、翡翠(ヒスイ)の仏像を見に行きました。


翡翠の仏像自体も見応えありますが、天井にも圧巻されます。
時間がある方は、ぜひ見に行って下さい。


個人的には金の仏像より尊厳を感じられ好きです。
きっと何かのパワースポットではないでしょうか?
仏像の顔はハンサムで優しく微笑んでいるように見えます。


奥にもう1体、仏像があります。これも翡翠の仏像かな?


軽く覗く程度に考えていたのですが、なんか居心地がよく、随分と眺めていました。


2階に降りて、納骨堂を見に行きました。
誰でも自由に入れます。


入ってすぐ左に受付がありますが、誰もいませんでした。


納骨堂は8角形の配列で、7部屋に分かれています。


位置的にはこの真上に翡翠の仏像が鎮座しています。


各部屋に入ると配置図があります。


★タイプ1 縦20cm、横20cm、奥行き35cm
1~4段目:10,000バーツ、5~8段目:12,000バーツ、最上段:15,000バーツ

★タイプ2 縦60cm、横20cm、奥行き35cm
  1段目:30,000バーツ、2段目:40,000バーツ、最上段:50,000バーツ

★タイプ5 50万バーツ 


★タイプ4 110万バーツ



タイプ3は1と2の部屋にしかなく、数がすごく少ないです。
写真撮り忘れました。



帰りはお寺の前にあるスバル(タイ人はミニソンテウの事をこう呼びます)を利用。


BTSプンナウィティ駅からも、この塔が見えます。

納骨堂の隣にあります。

タイへの移住が決まったら、ここに申し込みしようと思ってます。


関連ページ
→ タイで死にたいですか?、準備してますか?
→ シャム湾で散骨の墓地代は7枚の硬貨
★面白かった、役に立ったと思ったらクリックお願いします。→ → →


0 件のコメント:

コメントを投稿